【初フルサイズにおすすめ】Sony α7iii×TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)レビュー

このたび、婚約指輪の返礼品として奥さんから

Sony α7iii

をいただきました!ありがとうございます!

 

一緒に購入したレンズはこちらです。

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)

この2つの組み合わせは画質、携帯性どれをとっても素晴らしいです。

今回はこちらのα7iiiとTAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)を初心者が買うべき理由と併せて紹介したいと思います。

このセットさえ買えばプロのような写真を撮ることができます。

作例もあるので見てみてくださいね。

初心者におすすめのボディとレンズ

α7iii ボディ

ボディはSonyのα7iii。

2018年のCP+で本気に触れてからずーっと欲しかったモデルです。

今でこそCananやNIKONもフルサイズミラーレスをリリースしましたがSonyはまだ1歩先を進んでいる感じがしますね。

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)

ボディと一緒に購入したレンズはこれまた評判の良いタムロンのズームレンズ。

人気すぎて生産が追いつかなくなり、未だに在庫が無いショップもあります。

それくらい人気のレンズなんです。

タムロン 28-75mm F/2.8 Di III RXD が「カメラグランプリ2019 カメラ記者クラブ賞」を受賞 | 株式会社タムロン

株式会社タムロンからのお知らせです。フォトコンテスト、IR情報、人事情報、レンズ製品に関するニュースなどをご覧いただけま…

なんでSony α7iiiがおすすめなの?

バッテリーの持ちがいい

前機のα7iiと比べバッテリー容量が2倍に増加。

撮影枚数は約 270 枚→約 610 枚に進化しました。

普通に使っていれば1日は平気で持ちます。

充電を気にせずとにかくパシャパシャ撮影しちゃってください。

瞳AFが優秀

瞳のピント合わせが苦手な方でもこの機能があれば簡単に瞳に焦点を合わせられます。

人を撮影するならこの機能は手放せません。

各メーカーのカメラに触ってみましたが精度も速さもSonyは他メーカーより頭一つ抜けていると思います。

ちなみに最近のファームウェアアップデートで動物の瞳AFにも対応しました。

デュアルスロット対応

従来モデルのα7iiやα7RiiはSDカードの差し口が1つでしたがα7iiiは2つあります。

大量に写真を撮影する方はスロットが2つあると安心ですね。

コスパがいい

買ってもらっておいてなんですが、これだけのスペックを持っていて価格はAmazonで198,798円(2019年8月時点)。

CanonやNIKONのエントリー向けフルサイズも検討しました。

最終的に価格とスペックのバランスが良かったSonyのα7iiiに決めました。

正直このスペックをベーシックモデルと言っているSonyさんはおかしいと思います笑

なんでTAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)がおすすめなの?

ポートレート撮影に向いている

タムロンのレンズはとろけるようなボケが特徴的で、柔らかい描写のポートレートに最適なレンズメーカーです。

初心者の方でも撮影することの多いポートレートならタムロンのレンズと相性バッチリです。

逆にSony純正やシグマのレンズはカリカリの描写傾向になっています。

F2.8の標準ズーム

F値というのは光を取り込む光の量を数値化したものです。

小さくなればなるほど取り込める光の量が大きくなり背景をぼかした写真を撮影できます。

※F2.8だとかなり背景をぼかすことができます。

一般的なズームレンズは望遠(ズーム)になるほど設定できるF値は大きくなってしまいます。

ただこのレンズはズームにしてもF値2.8で設定できるので背景ぼけぼけの写真を量産できます。

軽い

このレンズさえ買っておけば旅行のときに重宝します。

単焦点複数持ち歩くのもいいのですが、何よりこのスペックと軽さは旅行に最適なレンズだと思います。

標準ズーム1本である程度カバーできるので最初に買うことをおすすめします。

ちなみに重さは550g。500mlのペットボトル1本分くらいです。

コスパがいい

こちらはSony α7iiiと同じですね。

値段は100,000円と高価ですが、Sony純正品レンズでF2.8通しのズームレンズは278,000円!

タムロンのコスパの良さがわかりましたか?

α7iiiとTAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXDを組み合わせると?

最強のお出かけカメラが完成します。

単焦点レンズの方が背景をぼかすことができるのですが、初心者の方は色々な画角を楽しめる標準ズームレンズを1本購入しましょう。

作例

作例は全て編集/加工なしのjpeg撮って出しオンリー。

このカメラとレンズを買えば誰でもこんな感じの写真が撮れます。

作例は随時追加予定。

適当に撮ったのですがいい感じにボケていますね。

もっと工夫すればプロが撮影した写真に近づけられると思います。

α7iiiの気になるところ

α7iiiで気になるのは2点です。

防塵防滴に「配慮」した設計

他メーカーのエントリーモデルは対応していますがSonyはあくまで「配慮」です。

アウトドアで使う方は要注意ですね。

センサーにゴミがつきやすい

レンズを交換する際、センサーにゴミがつきやすいのが難点。

Canonは電源オフ時にセンサー保護のシャッターが降りるそうです。

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)の気になるところ

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)の気になるのは今のところ1点だけ。

広角がもう少し欲しい

風景を撮るのに28mmはちょっと狭いかなーって思います。

せめて24mm位あればよかったのに。

・・・と思っていたらまたタムロンがやってくれましたね。

17-28mm F/2.8のレンズを出すそうです。

使ってみて

気になる点はあるものの、使ってみて大満足のカメラとレンズでした!

フルサイズの解像感はもちろんのこと、AF追従率やピントの精度が特に素晴らしいと感じました。

AFがバシバシ合うので撮影していて楽しいです!

人間だけでなく動物の瞳AFにもファームウェアアップデートで対応したので、α7iii×TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)の組み合わせはこんな方におすすめ。

  • 子どもを撮影する親御さん
  • ペットを撮影する飼い主さん
  • やわらかい雰囲気の写真が好きな人
  • 旅行にカメラを持ち運ぶ機会の多い人

レンズに関してですがタムロンは柔らかい雰囲気の写真が得意なので人物撮影に適していると思います。

瞳AFの優秀なα7iiiと組み合わせれば最強のポートレート撮影機になること間違いなしです!

初心者がフルサイズを購入するなら間違いなく買いですね。

まとめ

今回は奥さんからいただいたSony α7iiiとTAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)を紹介しました。

フルサイズを迷われている方はこのセットを買っておけば幸せになれます。

みなさんもフルサイズの世界に足を踏み入れて、綺麗な写真を撮ってみてください。

本当っにフルサイズのカメラはきれいに撮れます!

奥さんありがとう!

最新情報をチェックしよう!
広告